大滝クリニック
院長あいさつ
診療科目
循環器科心臓血管外科
呼吸器科内科外科
ファイザー製薬のホームページへ
ファイザー製薬の  
ホームページへリンク 
 
睡眠時無呼吸症候群
下肢静脈瘤
鼻からの胃カメラ
インフォメーション
筑井孝子
 当院は鼻から入れる胃カメラ(経鼻胃カメラ)の対応診療所です。鼻から胃カメラ(ファイバースコープ)を挿入すると、鼻の奥を通って直接、食道へ入っていくため、舌の付け根にファイバーが触れることはありません。舌の付け根を刺激されることが「オエー」と嘔吐反射を起こしてしまう原因ですので、嘔吐の危険性が極めて少なく、苦痛を最大限抑えられます。ファイバーの直径は5.9mmと極細カメラになっており、挿入時の違和感も皆無ぐらいです。

 検査前の麻酔は、鼻からのスプレー麻酔のみで行っていますので、麻酔時間も数分間で済みます。のどの奥にゼリー状の麻酔薬を溜めながら待つ必要はなく、スプレー麻酔がのどにも染みわたってくれます。

 今まで、胃カメラの時に目をつむりながら必死で受けていた患者さんでも、経鼻胃カメラに代えてみると、目を開けてしゃべりながら、自分のカメラの画像を見ながら、楽に検査を受けています。

ぜひ、試してみて下さい。

〒370-3602 群馬県北群馬郡吉岡町大久保795-3
TEL
0279-30-5800